株式会社三我 | 横浜市にある総合エンジニアリング会社

受付時間|平日 9:00~17:00045-790-3066

電気通信工事(アクセス)(設計)(土木)

ACCESS

アクセス工事の業務内容

アクセス工事とは、電話回線やネットワーク回線などをお客様に提供する為に ケーブルをお客様宅へ布設する工事と、その他設備を構築するための工事のことを言います。 アクセス工事は、3種類の作業があります。

アクセス工事概要図

①建柱(電柱を建てたり撤去する)
②外線(ケーブルなどを布設したり、撤去する)
③接続(通信回線をお客様に提供する工事、又は撤去工事)

①建柱

電柱を建てる工事には、造成地等に新設したり、劣化や通行上支障になる際には建て替えをします。

①建柱

②外線

ケーブルを布設する工事には2種類あります。

1、電柱から電柱へとケーブルを架線していく方法

1、電柱から電柱へとケーブルを架線していく方法

2、マンホールより、地下でケーブルを布設していく方法

③接続

ケーブル引きが終わると接続業務がはじまります。
接続業務とはケーブルを引いてからケーブル内にある光線をお客様宅付近へ
メタルケーブル・光ファイバーケーブルを繋げていく作業です。
この業務には3種類の工事があります。

1、電柱配線

1、電柱配線

2、地下配線

2、地下配線

3、ビル内配線

この作業が終わると次はユーザ工事へバトンタッチをしてお客様宅内の工事になります。

設計の業務内容

現場調査をして、工事場所の環境状況を元に必要となる材料・構造設計・工法を検討して工事費用を算出し、設計図面を作成します。

設計の業務

 

アクセス工事に関するQ&A

メタルケーブルってなに?

メタルケーブルとは電話回線が銅で出来ているものの事をいいます。
銅は電気を通しやすいため、その性質を生かし、電気信号で情報や音声を送ります。
電気を使用しているので、微量な電気が流れているメタルケーブルを使用した黒電話は、
コンセントに差していなくても使えているわけです。

光ケーブルってなに?

デジタル信号の「光 」の点滅を利用して、
ガラスに光を走らせて情報や音声を送るケーブルのことを光ケーブルといいます。
この世の中で最も高速で移動できるのが「光 」なので、
メタルケーブルよりも早く皆さんのところに情報や音声を届ける事が出来るものになります。

通信土木の業務内容

昨今、国土交通省にて推進している、無電柱化に伴い、
地下に光ケーブルや電話線を布設するための、基盤を作る工事を行うのが通信土木です。

・「管路」と呼ばれるケーブル用のパイプを、掘削し、埋設します。
・他にも、マンホールやハンドホールと呼ばれる、ケーブルの接続や点検を行う場所として設置されるBOXの新設や撤去を行います。

また、マンホールの蓋が古くなれば、交換も行います。
マンホール蓋は場所によっては二重になっていて鍵設置などの作業もあります。

通信土木の業務01

通信土木の業務02